双亡亭壊すべし 133話 最新話のネタバレと感想!

2019年1月23日発売日の少年サンデー2019年8号の最新話!
双亡亭壊すべし【第133話】を読んだのであらすじとネタバレをまとめました。
最後に感想と考察もあります。

双亡亭壊すべし 132話のあらすじ

前回のあらすじはこちら↓↓↓
双亡亭壊すべし 132話 最新話のネタバレと感想!姉の真実の想いを語る言葉に揺らぐ酒巻泥土!それは終結か…破滅か…!?



双亡亭壊すべし 133話のネタバレ

双亡亭の主、酒巻泥土を殺すために紅は奥伝“花の輪”を撃てるまで気をためた。
そして隙を見せる泥土へ二刀を振りかざすも、直前で無意識に攻撃を止めてしまう。
何故か、後一歩が何故か進めない。
何が自分を躊躇わせているのか分からなかった。

泥土はそんな紅に臆せず近寄ると、紅の短剣を見て確かに“死”を感じられたかもしれないと思う。
同時に再度紅に名を問う。

「紅…柘植 紅だ…」
素直に答える紅に、泥土は彼女が感じている“躊躇い”の正体を告げる。

そもそも絵師、酒巻泥土は色で全てを知ることができる。
それは人の感情も同じ。
一種の特異な知覚能力。
巫女である紅にもソレ備わっており、無意識に“予感”したのだろう。
自分を殺すことで取り返しのつかない何かが起こると。

そしてそれは正しい。
泥土の絵を通して侵略者はこちらの世界に現れる。
言うなれば扉であり、出口なのだ。
双亡亭を埋め尽くす全ての絵がそうであり、開閉の自由は泥土にある。
しかし、泥土が死ぬと、有無を言わせずその扉は開きっ放しになる。

そうなれば、地球という星は侵略者達に簡単に制圧されるだろう。
「ためらってよかったな紅…」
話を締めくくった泥土は、絶望する紅をよそに絵描きに戻る。
最後の絵が完成すれば、その時こそ全ての「扉」を開ける。
そう告げる泥土。

何故そんなことをするか分からない紅は問いかけるが答えは返ってこなかった…。

絵の続きに戻った二人――
泥土は紅に珈琲を振舞う。

潰した豆に直接湯を注ぐという間違った淹れ方の珈琲を飲んだ紅は率直に「まずい」と思う。
同時に何故振舞うのか分からず思案する紅。

その最中、泥土は徐に語る。

紅が姉の真意を告げたことは正解かもしれない。
姉も泥土と同じく知覚する者だった。
だが、何故それを紅が分かったのかは分からない。

「さあ…でも、私にも弟がいるから」
同じ姉だから分かったという紅。

泥土の興味は紅の弟に移る。
泥土と紅という敵同士にも関わらず、対話という穏やかな時間は続くのだった――
そしてその頃、双亡亭のとある部屋では予期せぬ自体へと変化し始めていた――



双亡亭壊すべし 133話を含む週刊少年サンデーを無料ですぐに読む方法

今回のネタバレはどうでしたか?
やっぱり漫画は絵を見たい!というあなたには、U-NEXTがオススメです。

U-NEXTは31日間の無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに無料で週刊少年サンデーを読めます!
この機会にチェックしてみてください。

U-NEXTの無料お試しはこちら

無料期間中の解約で違約金は一切ありません

漫画も読める動画見放題サイト【U-NEXT<ユーネクスト>】とは?



双亡亭壊すべし 133話の感想と考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

終始、泥土と紅の対話でしたが、泥土という人物はただ狂気に染まった人物ではないようです。
自らの間違いを認め、改め、人の意見を聞くことができるようです。
私は今回の話を読んで、率直に彼は姉を殺したことに対して深い後悔を持っているように感じました。
それが姉の真意を理解できなかったことに対してか、単純に殺害という行為と結果に対してなのかは分かりません。
ですが彼が絵を通して侵略者を呼び寄せる目的は“後悔”という隠された思いにあると感じます。
それでは、次回でお会いしましょう!!

双亡亭壊すべしのネタバレ一覧

双亡亭壊すべしのネタバレ一覧をこちらにまとめてあります。
双亡亭壊すべしの最新話ネタバレ一覧!