ゴールデンカムイ 187話 最新話のネタバレと感想!

2019年1月24日発売日のヤングジャンプ2019年8号の最新話!
ゴールデンカムイ【第187話】を読んだのであらすじとネタバレをまとめました。
最後に感想と考察もあります。

ゴールデンカムイ 186話のあらすじ

前回のあらすじはこちら↓↓↓
ゴールデンカムイ 186話 最新話のネタバレと感想!尾形はキロランケと決別する!?そして谷垣がキロランケを仕留める!



ゴールデンカムイ 187話のネタバレ

谷垣がキロランケにナイフを突き刺した頃、杉本は割れた流氷の上でマントを広げ、風を受けていた。
風力という力で陸地を目指すのだった。
もっとも、泳げば渡れる距離であるため、岸へは直ぐに着くだろう。

その頃、キロランケと決別した尾形はアシリパの説得を続けていた。
だが、どんな言葉をかけようともアシリパの口は動かない。
どうしても金塊の在処を知りたい尾形は一世一代の大芝居を始める。

何故金塊を求めるのか、それは杉本から伝言を受けたから。
網走監獄で射たれた杉本に近寄った時に、親友の嫁に黄金を渡してくれと頼まれた。
以前「見に行った時は既に死んでた」と言ったのは、死の間際に杉本が求めた人物がアシリパではなかったから言えなかった。

アシリパの想いを利用する尾形。
その後も杉本が言いそうなことを考えては、さも本人が言っていたように話す。
尾形演技は確かに上手かった。
しかし、最後に尾形は、杉本が“あんこう鍋を食べたい”と言っていたと告げる。
それは重大なミスだった。

アシリパはそれを聞いた瞬間、尾形の話は全て嘘だと断定する。
何故なら杉本の好物は“干し柿”と知っているからだ。

尾形の拘束を解き、矢を構えるアシリパ。
「お前はなにひとつ信用できないッ」
決別の言葉を口にする。

尚も焦らない尾形。
自分には演技は向いてないと自らダメ出しをする始末。
そんな中、尾形は光のない濁った目で震えながら矢を構えるアシリパを見る。

「初めて会った時、どどめを刺そうとする杉本を何故とめた?」
尾形という男はアシリパという存在を認められない。
金塊争奪戦に参加しつつも、不殺の誓いを守り“清い”ままの存在。
かつて自分もそう思っていたが、貫くことはできなかった。
だからこそ、アシリパを焚き付ける。

「お前の父親を殺したのは俺だ」
アシリパに自分と同じく殺意を抱くのに十分な理由を与える。

それでもアシリパは矢を射つことはなく、反対に尾形が銃口を向ける。
その背後には鬼のような形相の杉本が立っていたのだった――



ゴールデンカムイ 187話を含むヤングジャンプを無料ですぐに読む方法

今回のネタバレはどうでしたか?
やっぱり漫画は絵を見たい!というあなたには、U-NEXTがオススメです。

U-NEXTは31日間の無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに無料でヤングジャンプを読めます!
この機会にチェックしてみてください。

U-NEXTの無料お試しはこちら

無料期間中の解約で違約金は一切ありません

漫画も読める動画見放題サイト【U-NEXT<ユーネクスト>】とは?




ゴールデンカムイ 187話の感想と考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

読んでいて感想で書きたいことが一杯出てきたんですけど、全部アシリパが言ってくれましたので私から言うことはないですね。
でも、それではいけないので、1つだけ言います。
アシリパの杉本への想いを暗号を聞き出すために利用した時「あっ…終わったな…コイツ」と思いました(笑)
杉本がソレを許すはずありません。
今度という今度は、誰にも止められないでしょう。

現実だろうと、なかろうと、人の想い土足で踏みにじるのはタブーだと思います。
それでは、次回でお会いしましょう!!

ゴールデンカムイのネタバレ一覧

ゴールデンカムイのネタバレをこちらにまとめてあります。
ゴールデンカムイの最新話ネタバレ一覧!