アクタージュ 49話 最新話のネタバレと感想!

2019年1月21日発売日の少年ジャンプ2019年8号の最新話!
アクタージュ【第49話】を読んだのであらすじとネタバレをまとめました。
最後に感想と考察もあります。

アクタージュ 48話のあらすじ

前回のあらすじはこちら↓↓↓
アクタージュ 48話 最新話のネタバレと感想!演技と自分の境界が曖昧になる阿良也…最後の最後でシナリオを無視した本音が出てしまう!?



アクタージュ 49話のネタバレ

舞台「銀河鉄道の夜」が終わろうとする中、駆けつける黒山。
彼が芝居を見た時、彼の目には夜凪よりも阿良也が入ってきた。

正確には、阿良也でありジョバンニ。
カムパネルラであり巌裕次郎。
現実と芝居の狭間で、危ういほどの演技を見せる役者。

明神阿良也という人物は毎日が死ぬほど退屈だった――
いつものように、よく知りもしない女性の家のバスタブに浸かる。

女性エリは、町で自分に声をかけてきた。
それはその他大勢いる女性と同じだった。
だからだろうか、エリではなくアキと名前を間違えてしまう。

その瞬間、エリから平手が飛んでくる。
だが、阿良也には何故怒っているのか分からなかった。
“嫉妬”という文字は知っていても、感じたことがないからこそ、それがどういう感情なのか分からない。

阿良也の態度がエリの怒りを誘う。
そこへ巌裕次郎が駆けつけ、エリの手を掴み、阿良也を役者であり、顔は勘弁してくれと言う。
更に驚くエリを無視して、阿良也を稽古場に連れ戻すのだった。

そもそも、阿良也には役者になりたいという思いはなかった。
しかし、巌裕次郎は、それを否定し阿良也を指して“役者になりたい”と思っているんだと語る。
今よりも幼少の頃に彼からスカウトされ、特に行く場所もないという理由で稽古場に出入りするようになった。
それでも、役者という仕事に興味は沸かなかった。

毎日が死ぬほど退屈だった――

阿良也は何故か性別問わずモテた。
好きでもないゲームすら、すぐ上手くなった。

毎日が死ぬほど退屈だった――

いつものように稽古をサボり、ゲームセンターで好きでもないゲームをして過ごす阿良也。
そこへ巌裕次郎がやってきた。

「勘違いしてる…お前の退屈は、お前が器用だからじゃなく、お前がすべてを馬鹿にしているからだ」
彼はそう阿良也に言った。
そして阿良也は自分に正直すぎるからこそ、他人が何かの役割を演じる人形に見え、世界が何かの舞台に思えるのだと告げる。

「嘘吐きだらけの世界で、嘘を吐かない覚悟をした者が役者であり、だからこそ役者になりたい」
それが阿良也を指して“役者になりたい”と言った理由だった。

そう言われても、阿良也には役者に価値を見出せなかった。
そんなある日、彼は本物の役者に出会う。

巌裕次郎の誘いで劇団にやってきた星アリサは、帰り際に阿良也を見て「役者はやめておきなさい」と告げた。

それを聞いた阿良也は理由は分からないが鳥肌を感じ、同時に巌裕次郎の後ろ姿を見て“役者”だと感じるのだった――



アクタージュ 49話を含む週刊少年ジャンプを無料で読む方法

今回のネタバレはどうでしたか?
やっぱり漫画は絵を見たい!というあなたには、週刊少年ジャンプが読めるFODがオススメです。

FODは1ヶ月の無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!
この機会にチェックしてみてください。

FODの無料お試し登録はこちら

無料期間中の解約で違約金は一切ありません

フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム】とは?




アクタージュ 49話の感想と考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

阿良也の回想がメインの話でしたが、中々に天才然としてましたね。
やっぱり「天才とはかくあるべき」というようなイメージが誰の中にもあるということでしょうか。
皆様はどう思いましたか?

それと、ここまであまり語られてこなかった星アリサと巌裕次郎についても語られましたが、私はそちらのほうが気になりましたね。
特に巌裕次郎の悔いているような哀愁漂う後ろ姿が印象的でしたね。
彼と彼女の間に何があるのか、早く知りたいですね!

それでは、次回でお会いしましょう!!

アクタージュのネタバレ一覧

アクタージュのネタバレをこちらにまとめてあります。
アクタージュの最新話ネタバレ一覧!