ゆらぎ荘の幽奈さん 143話 最新話のネタバレと感想!

2019年1月21日発売日の少年ジャンプ2019年8号の最新話!
ゆらぎ荘の幽奈さん【第143話】を読んだのであらすじとネタバレをまとめました。
最後に感想と考察もあります。

ゆらぎ荘の幽奈さん 142話のあらすじ

前回のあらすじはこちら↓↓↓
ゆらぎ荘の幽奈さん 142話 最新話のネタバレと感想!冬空を求め女の戦いが静かに始まる!勝負の時は修学旅行か!?



ゆらぎ荘の幽奈さん 143話のネタバレ

10月某日、冬空達は修学旅行で京都へと向かっていた――
冬空は知らない――
この修学旅行にかける乙女達の熱き想いと熱き戦いがあることを――

京都へ向かう新幹線内では、早速乙女の勝負が始まっていた。
冬空の座席には同じクラスの千紗希と雲雀と幽奈がいた。
雲雀は冬空に京都に着いたら“恋みくじ”が出来る星流神社に“2人”で行こうと誘う。
その神社には縁結びの神様が祀られているらしく、大吉を引いた男女は永遠に結ばれるという伝説があった。

幽霊や神様が実際に存在している以上は、その伝説も馬鹿にできない。
だが、雲雀は相性占い程度だと言って、皆の前でかなり強めのお誘いをかけ続け、渋々了承する冬空。

「それは聞き捨てならないな…雲雀」
そんな声が聞こえてきた。
それは同じ車両だが、クラスの違う狭霧だった。

狭霧は雲雀ではなく、自分と恋みくじを引いてくれと、頬を真っ赤に染めて言う。
周囲の目を全く気にしない2人にタジタジの千紗希だった。

そして京都に到着する――
結局自由行動は、班でまわることにした冬空。
勿論違う組の狭霧も一緒だ。
京都の景色を見ながら、たまにお茶をし、いつもと違う日常を楽しむ。

そこへ何故か、緋扇や朧まで駆けつけ、修学旅行の道程に合流を果たす。
いつものメンバーが勢揃いし、彼女たちの背後では炎の幻影が見えていた。

その中で千紗希だけは一歩引いた場所に居た。
それは気後れでもあり、自分だけがゆらぎ荘に住んでいないことへの引け目でもあった。

そんなこんなで、道程は進み金閣寺へとやってきた。
冬空は中学生の修学旅行では妖怪に追い回され、ゆっくり見れなかった。
だからこそ、今日を楽しみにしていた。

その思いを知っている千紗希は意を決して冬空と仲良くなろうと行動に移す。
先を行く冬空に走りよる千紗希。

だが、何故か直前で跳び箱の踏切を踏んだかのように空高く舞い上がる。
更に、何故かバク宙の姿勢になる。
そして、何故か冬空の顔へお尻からダイブする。
最期に、何故か千紗希パンツが脱げ、それを頭に被る冬空。

観光客が大勢詰め掛ける場所で、変態パンツマンができあがる。
小さな子供は楽しそうに笑い、大人は思春期の病気だと悟るのだった。

千紗希は楽しみにしていた修学旅行をぶち壊したと泣きながら落ち込み、幽奈が慰める。
そこへ緋扇がやってきて、そんなことで凹むとは情けないと告げる。
彼女は今回の修学旅行で必ず冬空と2人で恋みくじを引きに行くと語る。
例え他のライバルを吹き飛ばしてでも。

それは彼女なりの宣戦布告であり、千紗希と幽奈の選択は――



ゆらぎ荘の幽奈さん 143話を含む週刊少年ジャンプを無料で読む方法

今回のネタバレはどうでしたか?
やっぱり漫画は絵を見たい!というあなたには、週刊少年ジャンプが読めるFODがオススメです。

FODは1ヶ月の無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!
この機会にチェックしてみてください。

FODの無料お試し登録はこちら

無料期間中の解約で違約金は一切ありません

フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム】とは?



ゆらぎ荘の幽奈さん 143話の感想と考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

いや~今回は笑いすぎて涙が出ました。
いつも通りの力技なんですけど、私のツボにピッタリハマりましたね(笑)
まあ千紗希ちゃんには可哀想ですけどね…
でも、あのシチュエーション、あのタイミング、あの場所、そして出来上がった変態……
思い出しただけでお腹がねじれる!!
読者の皆様にもきっと何か1つはツボにハマるラッキースケベがあるはずなので、是非読んでみて欲しいです。
それでは、次回でお会いしましょう!!

ゆらぎ荘の幽奈さんのネタバレ一覧

ゆらぎ荘の幽奈さんのネタバレをこちらにまとめてあります。
ゆらぎ荘の幽奈さんの最新話ネタバレ一覧!