食戟のソーマ 295話 最新話のネタバレと感想!

2019年1月21日発売日の少年ジャンプ2019年8号の最新話!
食戟のソーマ【第295話】を読んだのであらすじとネタバレをまとめました。
最後に感想と考察もあります。

食戟のソーマ 294話のあらすじ

前回のあらすじはこちら↓↓↓
食戟のソーマ 294話 最新話のネタバレと感想!創真がアイスのスプーンで作るのは、真夏にクリスマスケーキ!?



食戟のソーマ 295話のネタバレ

創真が作る真夏のクリスマスケーキは確かに旨かった。
だが、それで終わらないのが彼の料理。
ケーキの上には花火玉が乗っており、それこそがこのケーキの真骨頂だと告げる。

サージェはそれを見掛け倒しだと言うが、それを否定するように創真が花火玉の導火線を引っ張る。
その瞬間、玉は割れ、中からクリームと玉の破片がケーキへとかかる。
同時に素朴だが豊かな良い香りが漂う。

「おあがりよ」
自信満々の創真はそう告げる。

審査員が試食を開始する――
一口食べると、花火玉の破片の正体が分かる。
“コーヒークランブル”
イギリス発祥のお菓子であり、果実やアーモンド、コーヒー豆の粉で作られた物。

同時にクリームの正体も判明する。
ケーキ本体にも使われている“ブラウンクリーム”だが、本体のクリームとは別にみかんの皮のすりおろしを混ぜることで爽やかな酸味をケーキに齎す。

元々、クランブルは様々な粉を用いて作られるお菓子であって、パサついた食感になっしまう事が多い。
そこでクリームをかけることでパサつきを防ぎ、同時にクランブルのサクサクとした歯ごたえを保持している。

そして秘密はもう1つある。
創真の作ったケーキには砂糖や乳製品を一切使っていない。
その理由がクリームを纏ったクランブルの仄かな甘みや酸味、果ては苦味を感じさせるためであり、様々な味を持たせることで老若男女、選ばす美味しく食べれるようにという配慮だった。

クランブルにしろ、ブラウンクリームにしろ、ケーキ本体のブッシュ・ド・ノエルにしろ、全ては特に目新しさのない品。
しかし、味は確かに異能級だった。

「貴様は何の異能の持ち主なんだ!?」
混乱したサージェは創真に問いただす。

「強いて言うなら――定食屋の知恵…っすかね」
そもそも、創真にはサージェの言うような“異能”などない。

ただ、遠月に編入したあの日まで、ほぼ毎日、父、城一郎から料理に関して無茶振りをされていた。
それは“定食屋”という客に飽きられないてはいけないという性質故のものだった。
父が出す課題をこなし続ける内に、創真には誰にも負けない汎用性と対応力を獲得していた。
それこそが創真の“異能”なのかもしれない。

サージェは創真のケーキを食べて脳裏にある光景が浮かぶ。
それは大空を翔るファンタジーの物語――

これにて勝者は幸平創真に決まる。
サージェは創真を認めるが、朝陽には決して勝てないと言い、その理由が創真の包丁にあると告げるのだった――



食戟のソーマ 295話を含む週刊少年ジャンプを無料で読む方法

今回のネタバレはどうでしたか?
やっぱり漫画は絵を見たい!というあなたには、週刊少年ジャンプが読めるFODがオススメです。

FODは1ヶ月の無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!
この機会にチェックしてみてください。

FODの無料お試し登録はこちら

無料期間中の解約で違約金は一切ありません

フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム】とは?




食戟のソーマ 295話の感想と考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

う、うん…最早…何も言うまい……。
って、いやいや!言わせて貰いますよ!!
何であそこで、グラブルが出る!?…いや…まあ…そういうノリは好きですけど(笑)
だけど、あんな風に出したら色んな人に怒られるんじゃないかと心配しちゃいますよ。
というか、グラブルファンの皆様はどう思うのでしょうか。
あんまり怒らないであげてください……
反響が怖いので今日は退散します!
それでは、次回でお会いしましょう!!

食戟のソーマのネタバレ一覧

食戟のソーマのネタバレをこちらにまとめてあります。
食戟のソーマの最新話ネタバレ一覧!