ダイヤのA act2 153話 最新話のネタバレと感想!

2019年1月23日発売日の少年マガジン2019年8号の最新話!
ダイヤのA act2【第153話】を読んだのであらすじとネタバレをまとめました。
最後に感想と考察もあります。

ダイヤのA act2 152話のあらすじ

前回のあらすじはこちら↓↓↓
ダイヤのA act2 152話 最新話のネタバレと感想!由良総合との対戦、2回表、エース沢村は先輩達の想いを胸に全力投球!!



ダイヤのA act2 153話のネタバレ

青道VS由来総合――
3回の表を何とか凌いだ青道。
沢村は先輩達の想いを背負い必死にボールを投げる。
だが、幾つかフォアボールを出しており依然として調子は戻らない。
エースの不調にペースを奪われる中、主導権を奪い返そうと躍起になるのだった。

3回の裏――
由来総合はここで投手を変える。
マウンドに上がるは背番号1の東山であり、由来総合のエースだ。
先手先手で仕掛ける由来総合の監督、榊。

東山は確かに威力あるストレートを持つが、青道相手にそれだけで抑えられるほど甘くはないだろう。

マウンドに立った東山は、青道の1番、倉持と相対する。
1球目――
東山はスライダーから入る。
2球目――
同じくスライダーでストライクを稼ぐ。
3球目――
ここで、持ち球のストレートで打たせて取る。

このリードが青道を抑える秘訣だった。
当然、青道は東山のことを調べていると考えられ、今までのようにストレートをメインにすると、攻略される可能性が高かった。
ストレートを待っている青道の裏をかく。
そのために敢えて、今までの試合でストレートを見せてきたのだった。

作戦は功を奏し打たせながらも1から3番までの3人をきっちりアウトに取り、スリーアウトチェンジとなる。

そんな中、東山の好投を見た沢村は、つい握り拳を作っていた。
この時、皆が思っていただろう。
「流れを掴みさえすれば一気に引っくり返せる…流れさえ――」

4回の表――
マウンドに立った沢村は、1アウトを取るも、またしてもフォアボールを出してしまう。
その相手は東山だった。
沢村は思わず空を見上げ、捕手御幸は思案気な顔を浮かべる。

同じエースということで力む沢村も分かるのだが、早くも4つ目のフォアボールは不味かった。
投手が安定しないと打線に焦りが出る。
それは強豪校の負けパターン。

ここで青道の監督、片岡鉄心が動く。
ブルペンの川上をマウンドにあげる。
本来の調子を最後まで取り戻せず無念の途中降板となる沢村栄純だった――



ダイヤのA act2 153話を含む週刊少年マガジンを無料ですぐに読む方法

今回のネタバレはどうでしたか?
やっぱり漫画は絵を見たい!というあなたには、U-NEXTがオススメです。

U-NEXTは31日間の無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに無料で週刊少年マガジンを読めます!
この機会にチェックしてみてください。

U-NEXTの無料お試しはこちら

無料期間中の解約で違約金は一切ありません

漫画も読める動画見放題サイト【U-NEXT<ユーネクスト>】とは?



ダイヤのA act2 153話の感想と考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

確かに前回、少し調子を取り戻した沢村ですが、そのまますんなり行くとは思っていませんでした。
ですが、まさかの途中降板…。
これは想像していませんでしたね……。
私はてっきり、榊監督が打ち取る秘策を用意していると思っていたのですが、投げることすら出来なくなってしまいました。
本当に残念ですね。
しかし、これも試合に勝つためであり、仕方ないのでしょう。
沢村のエースたるピッチングにはまた今度に期待します!
それでは、次回でお会いしましょう!!

ダイヤのA act2のネタバレ一覧

ダイヤのA act2のネタバレをこちらにまとめてあります。
ダイヤのA act2の最新話ネタバレ一覧!