七つの大罪 297話 最新話のネタバレと感想!

2019年1月23日発売日の少年マガジン2019年8号の最新話!
七つの大罪【第297話】を読んだのであらすじとネタバレをまとめました。
最後に感想と考察もあります。

七つの大罪 296話のあらすじ

前回のあらすじはこちら↓↓↓
七つの大罪 296話 最新話のネタバレと感想!魔神王メリオダスの目覚めを止める禁術“時の棺”!?リュドシエルとマエルの兄弟天使が救援にかけつける!!



七つの大罪 297話のネタバレ

原初の魔神の一撃によって遥か遠くの空中へと吹き飛ばされるエスカノール。
彼を助けるのは四大天使の一角、マエルだった。
仲間達との再会を喜ぶ中、エスカノールはマエルにある提案をする。

「“太陽(サンシャイン)”を返すからマーリンを助けてくれ」
エスカノールの持つ魔力は元々はマエル与えられた恩寵だった。
今のエスカノールには太陽に耐えれる状態ではない。
たが、原初の魔神には太陽がなければ勝てない。
それがエスカノールの言い分だった。

しかし、マエルは受け取ることを拒否する。
闇に染まった自分を見限った力を今さら使うわけにはいかない。
そもそも、太陽は既にエスカノールを宿主として認めている。

「どうしても受け取れないのならば、貸してあげましょう!」
“傲慢”の名を関する彼なりの大切な人を想っての涙にマエルは兄を思い出すのだった――

キャメロットの戦場――
その頃、マーリンはキングの霊槍とリュドシエルの助力もあって、何とか耐えていた。
必死に禁術の完成を目指すが、まだ10分とかかりそうだ。

そんな中で、リュドシエルが天使としての力をフルに使い始める。
“乱閃光(ライトニング・スプリー)”
光が幾つもの裏剣状へと変化し、原初の魔神へと突き刺さる。
その威力は原初の魔神に始めて傷を負わす。

原初の魔神は堪らず“獄炎極(ヘルブレイズ・オメガ)”を遠距離から放とうとする。

「効かぬ」
端的に告げられる言葉。

“狂える雷光(スパーキング・ドライブ)”
光の壁が獄炎極をそのまま術者たる原初の魔神へと返す。

原初の魔神に対して圧倒的な強さを見せつけるリュドシエルだった。
ところが、ここで不可解なことが起こる。
原初の魔神は変わらず何度も獄炎極を放つが、その威力が上昇している。

それこそが原初の魔神の力。
“終局(クライシス)”という特異な能力。
自らの命を削るほどに力が反比例で増大し続けるという強力な力だった。

死を覚悟する原初の魔神の猛攻がリュドシエルに襲いかかろうとした時、上空から光が射し込める。
闇夜と暗雲を消し去る陽光が輝く。

「偽りの帳よ我が恩寵の前に消え失せろ!」
それが誰の力なのかは明白だった――



七つの大罪 297話を含む週刊少年マガジンを無料ですぐに読む方法

今回のネタバレはどうでしたか?
やっぱり漫画は絵を見たい!というあなたには、U-NEXTがオススメです。

U-NEXTは31日間の無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに無料で週刊少年マガジンを読めます!
この機会にチェックしてみてください。

U-NEXTの無料お試しはこちら

無料期間中の解約で違約金は一切ありません

漫画も読める動画見放題サイト【U-NEXT<ユーネクスト>】とは?




七つの大罪 297話の感想と考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

リュドシエルとマエルの兄弟天使が揃ったわけですが、やはり天使という存在は人間の遥か高みにいる存在なのでしょう。
リュドシエルは七つの大罪を以てしても傷をつけれなかった原初の魔神を圧倒しましたし、マエルは太陽という力を使いこなし、超常現象を引き起こしました。
元々そういう力を有しているのか、永い時を戦う中で徐々に強大な力を持つようになったのか、気になりますね。
次回、兄弟天使の共闘に期待します!
それでは、次回でお会いしましょう!!

七つの大罪のネタバレ一覧

七つの大罪のネタバレをこちらにまとめてあります。
七つの大罪の最新話ネタバレ一覧!