チェンソーマン 6話 最新話のネタバレと感想!

2019年1月21日発売日の少年ジャンプ2019年8号の最新話!
チェンソーマン【第6話】を読んだのであらすじとネタバレをまとめました。
最後に感想と考察もあります。

チェンソーマン 5話のあらすじ

前回のあらすじはこちら↓↓↓
チェンソーマン 5話 最新話のネタバレと感想!解雇、除隊、死亡!?そんな不安をデンジは異性への思いで乗り切る!



チェンソーマン 6話のネタバレ

魔人パワーが飼っていた猫、ニャーコを悪魔から助け出す決意をしたデンジ。
例えそれが“胸を揉みたい”という不純な動機だとしても、デンジにとっては純粋で強い思いだった。

デンジが猫を助け、パワーが胸を揉ませる
そんな交換条件が決まると、早速悪魔がいる場所へ案内すると言い、路面電車に乗り込むパワー。

座席に座ると、パワーは今後のとこを話す。
自分の姿が見られるとニャーコを盾にされる恐れがあるため、戦闘はデンジ任せだと告げる。

猫1匹に対して真剣な様子にデンジは自分にもパワーにとってのニャーコの存在が過去にいたことを話す。
それはポチタのことだった。
だが、パワーは死んだら終わりであり、心の中で生きるなどという考えは浅ましいと厳しい言葉を贈る。
デンジはやっぱり仲良くなれはしないと感じるのだった。

その頃、とある場所――
マキマはお偉いさん達に呼び出されていた。
どうやら特異4科についての進捗を聞きたいらしい。

「期待に応えられそうなのが1匹、面白いのが1匹」
そう報告するマキマだった。

帰り道、運転手を務める早川アキは、デンジは不快なだけだとマキマの言葉を否定する。
彼には彼女が何故デンジに期待するのか分からなかった。

そもそも、悪魔とは例外なく名前を持っている。
その名前が危険な物を連想しやすいほど、悪魔自身の力も増すと言われている。
デンジの場合は“チェンソー”であり、極めて危険な物を連想しやすい。
故にマキマは期待していた。

説明を聞いた早川も確かに“面白い”かもしれないと思うのだった。
だからと言って、“悪魔と仲良くなれる”などと語るデンジを理解することは出来ない。

愛しのマキマが自分のことを話している頃、デンジは絶体絶命という状況だった。
1軒の家の床で頭から血を流し横たわり、目の前に隻腕の巨大な“コウモリの悪魔”がいた。
そしてデンジは悪魔が復活するための生贄だった。

何故こんなことになっているかというと、家の前でパワーにトンカチで殴打されたからだ。

デンジを片腕で握った悪魔は大きく口を開け、その上でデンジの身体から血を絞り出し飲む。
瞬間、休息になくなっていた右腕の再生が始まる。
復活を果たした悪魔は家の天井を突き破り町へと飛び去ってしまう。

「お前は悪魔と仲良しにでもなりたいのか?」
半死半生のデンジは裏切ったパワーを見て、早川の言葉を思い出すのだった。



チェンソーマン 6話を含む週刊少年ジャンプを無料で読む方法

今回のネタバレはどうでしたか?
やっぱり漫画は絵を見たい!というあなたには、週刊少年ジャンプが読めるFODがオススメです。

FODは1ヶ月の無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!
この機会にチェックしてみてください。

FODの無料お試し登録はこちら

無料期間中の解約で違約金は一切ありません

フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム】とは?



チェンソーマン 6話の感想と考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

悪魔らしいっちゃらしいのですが、私にはどうにも全てが嘘とは思えませんでした。
ニャーコのことを真剣に語っており、その存在まで嘘なのでしょうか…。
それにパワーはマキマを物凄く怖がっていましたので、裏切るという自殺行為を進んでするとも思えませんね。
もっとも、血を絞り出されたデンジにしてみれば、知ったことないって感じでしょうけど(笑)
ただデンジは良くも悪くも純粋なので、パワーの真意が仕方なかったというような内容なら許しそうでもあります。
次回で何か事情が明かされるのでしょうか!?
それでは、次回でお会いしましょう!!

チェンソーマンのネタバレ一覧

チェンソーマンのネタバレをこちらにまとめてあります。
チェンソーマンの最新話ネタバレ一覧!