ネオレイション 5話 最新話のネタバレと感想!

2019年1月21日発売日の少年ジャンプ2019年8号の最新話!
ネオレイション【第5話】を読んだのであらすじとネタバレをまとめました。
最後に感想と考察もあります。

ネオレイション 4話のあらすじ

前回のあらすじはこちら↓↓↓
ネオレイション 4話 最新話のネタバレと感想!レミングゲームのGMが判明する!凶悪なゲームの支配者は大学の教授!?



ネオレイション 5話のネタバレ

レミングゲームという自殺誘発ゲームのゲームマスターの居場所を突き止めたネオ。
そこは多摩丘陵大学だった。
ゲームマスター“レミング”を追って薬袋と夕子が潜入する。

大学前に到着した薬袋と依頼人、石崎夕子ことユッコ。
彼らはネオの指示通りにミッションを開始する。

何よりも重要なのはレミングゲームを使って人を自殺させる動機だった。
その為には犯人像を絞る必要があり、職員名簿のある資料室に向かう。

当然鍵は掛かっているが、ここでユッコが驚異のピッキング技術を疲労する。
ただの女子高校生のはずだが、どうやら鍵屋の父に叩き込まれたらしい。
もっとも、その理由が酷いのだが――

無事に名簿を発見し、犯人を2人に絞り込む。
一人は田浦英明という情報工学の教授。
もう一人は安西誠人という、これまた情報工学の準教授。

ネオのハッキングで容疑者の一人である田浦が現在、自宅にて一家団欒中だった。
となれば犯人は安西の可能性が高い。
しかも、安西のスマホは電源が入っておらずハッキングでは追えず、より可能性が高いと感じる。

安西誠人という人間は――
18歳でハッキングコンテストに優勝し、その後心理学に興味を持ち、今は人間心理を応用したAI研究をしている。
“motoko”という名の高度なAIを作る。
その目標は人間の感情を理解しコントロールすることだった。

感情のコントロールといえば、正にレミングゲームがそれであり、同時に安西の目的はmotokoの成長の為だと推測できる。
状況証拠ではあるが、最早犯人は彼以外には考えられない。

そしてそれを裏付ける物的証拠が安西の研究室にあった。
研究室に忍び込んだユッコは、事前にネオから渡されたGE-BOXなるアイテムをポートに差し込む。
強制的にネットに繋げさせるマルウェアにより、安西のパソコンの中から“人が自殺する”動画が見つかる。

安西は今日、必ず宮内咲の自殺動画を撮るだろう。
そこを見つけ、叩きのめすと宣言するネオ。

その為に研究室の調査をユッコに任せ、薬袋には安西の車にスマホを隠させていた。
これでスマホ経由で安西の行き先を追跡できる。

事件は大詰めを迎えるのだった――



ネオレイション 5話を含む週刊少年ジャンプを無料で読む方法

今回のネタバレはどうでしたか?
やっぱり漫画は絵を見たい!というあなたには、週刊少年ジャンプが読めるFODがオススメです。

FODは1ヶ月の無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!
この機会にチェックしてみてください。

FODの無料お試し登録はこちら

無料期間中の解約で違約金は一切ありません

フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム】とは?




ネオレイション 5話の感想と考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

ネオも相当ですが、安西準教授もネオよりは劣るでしょうが、それでも相当な頭脳の持ち主みたいです。
というか、私からすればどっちも理解不能です(笑)
最初からそうでしたが…話が進むごとにネットさえ繋がっていれば、ネオに不可能はないのではと思ってしまいますね。
勿論不可能なことはあるのでしょうが、それは今後のお楽しみというところでしょう。
さて、次回は解決編だと思いますが、前回と変わらず“メラゾーマ”に期待しています!
それでは、次回でお会いしましょう!

ネオレイションのネタバレ一覧

ネオレイションのネタバレをこちらにまとめてあります。
ネオレイションの最新話ネタバレ一覧!