クズ!!アナザークローズ 147話 最新話のネタバレと感想!

2019年1月22日発売日のヤングチャンピオン2019年4号の最新話!
クズ!!アナザークローズ【第147話】を読んだのであらすじとネタバレをまとめました。
最後に感想と考察もあります。

クズ!!アナザークローズ 146話のあらすじ

前回のあらすじはこちら↓↓↓
クズ!!アナザークローズ 146話 最新話のネタバレと感想!不協和音が生じる千侍會!崩壊の時が始まる!?



クズ!!アナザークローズ 147話のネタバレ

千侍會と南帝組との抗争が激化する中、千侍會の現組長、林馬が襲われる。
一見すると敵対組織の刺客に見えるが、味方の裏切りという線が濃厚だった。
千侍會の内部崩壊が始まっていた。

とある日のとある建物――
そこには真木幸四郎と元輝がいた。
彼らは計画に向けて武器商人から拳銃を買っていた。

真木は武器商人へ購入理由を千侍會と南帝組の抗争だと嘘を言う。
勿論武器商人は彼らの計画を知らない。

「もうカタギだってのに、まだ戦うのかい?」
意図しない言葉に真木は計画を止められるなら止めたいという思いを抱かせる。

商人が帰った後、今度は多宇 椛が現れる。
真木も元輝も多宇が匿っているのだが、お互いがお互いを信用してはいない。
真木にも、元輝にも、そして多宇にも、それぞれがそれぞれの目的を持ち、現状は利害が一致しているだけである。

そして計画が始まる。
多宇は“林馬をとる”と宣言する。

林馬は為清のような危険人物を組に向かい入れた。
それは多宇を信用してないことであり、もしかしたら何か勘づいているかもしれない。
ならば予定を早めた方がいいと考える多宇。
他の二人には異論はなかった。

しかし、林馬の前に消さなければならない邪魔な存在がいた――

とあるホテル――
男と女の情事が終わった後、男はベットに座りタバコをふかす。
手には書類が握られている。
その男こそ、多宇が狙う人物であり、乾こと“アブ刑事”だった。

乾は様々な覚醒剤の成分表を見ていた。
一口に覚醒剤と言っても成分にはバラつきがあったり、不純物が入っていたりする。
その違いから何処の組の物であり、どれだけの量を捌いているかが分かる。
言い換えれば暴力団の勢力図が分かる。
そして乾はこれを見て、検挙する者を決める。
彼はその行為を住民の幸せのためだと言った。

「ふーん……女の子一人幸せにできないくせに…」
書類の本当の持ち主である女がボソっと呟く。
彼女は乾との関係に不満を持っていた。
30歳を目前に迫り、曖昧な関係ではなく結婚を願う。
だが、それについて乾は何も言わなかった。

「もう…いいです……」
諦めの言葉が情事の後の部屋に木霊する。

雨の振るとある日――
墓参りに来た乾は背後に元輝が待ち構えていることに気付かなかった――



クズ!!アナザークローズ 147話の感想と考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

物語は着実にクライマックスへと近づいていますが、今回から計画が実行に移されるようです。
これを機に更に加速しそうな予感を匂わす内容でしたね。

しかし、ほのかちゃんはどうなんでしょうね…。
確かに乾なんぞと関係を持ってしまったばかりに辛い思いを感じているようですが、それでも彼女としては乾を好いている訳です。
なのに乾を売ったのでしょうか!?
描画的にはそういう印象を受けましたが、そんなことはないと思いたいですね。

次回、乾に最期の時が訪れる!?
それでは、次回でお会いしましょう!!

クズ!!アナザークローズのネタバレ一覧

クズ!!アナザークローズのネタバレをこちらにまとめてあります。
クズ!!アナザークローズの最新話ネタバレ一覧!