鬼滅の刃 142話 最新話のネタバレと感想!

2019年1月21日発売日の少年ジャンプ2019年8号の最新話!
鬼滅の刃【第142話】を読んだのであらすじとネタバレをまとめました。
最後に感想と考察もあります。

鬼滅の刃 141話のあらすじ

前回のあらすじはこちら↓↓↓
鬼滅の刃 141話 最新話のネタバレと感想!童磨と相対した胡蝶しのぶ――姉の仇たる鬼を今こそ討て!



鬼滅の刃 142話のネタバレ

神童の過去――
童磨は人間であった頃から今のよう考え方をしていた。
人間は可哀想な生き物であり、自分の使命は彼らを救うことだと。

彼の両親は童磨を見て特別であり、神の声が聞こえるとし極楽教なる宗教を作る。
勿論、彼には神の声なんて聞こえない。

――あまりの頭の鈍さが可哀想だと感じた――

御輿に担がれると、多くの人が相談にやってきた。
彼にとっては欠伸が出るような身の上の話をし、苦しいだの、辛いだの、泣きながら話す。
そして最後は決まって極楽に導いてくれと頭を下げる。

――極楽なんて存在しないことが分からない人間を思って涙した――

神や仏はおらず、人は死ねば土へと還る。

――それが受け入れられない人間を見ると辛かった――

彼は大人になるにつれ、人を死という名で幸せにするようになった。
それが自分の生まれてきた理由だと思っていた。

戦闘は未だ続いていた。
何度となく毒を喰らわすも効果は薄く、すぐに耐性をつけてしまう童磨に苦戦を強いられる胡蝶しのぶ。
童磨の技によって肺が壊死しており、時間もなかった。

(連撃で大量の毒を打ち込む)
彼女の取れる選択肢は少なく、毒を打ち込むしなかった。
必殺の技を繰り出し、確かに斬った。
しかし、殺せるほどの攻撃力はない。

反対に自分は瀕死のダメージを追おう。
崩れ落ちる彼女は両手を地に着ける。

――なんで私の手はこんなに小さいのか――
――なんでもっと身長が伸びなかったのか――

諦めかけたその時、姉カナエが目の前に立つ。
「しっかりしなさい泣くことは許しません…立ちなさい」
大好きな姉からの叱責だが、彼女は肺を斬られ立てなかった。

「関係ありません…立ちなさい…蟲柱、胡蝶しのぶ」
幻影の姉は最後の教えを説く。

倒すと決めたなら倒す。
勝つと決めたなら勝つ。
例えどんな犠牲を払おうとも勝つ。
そう“約束”した。

「しのぶならちゃんとやれる…頑張って」
それを最後に消える姉。
だが、姉から力を貰った。

満身創痍で立ち上がった彼女は一撃に全ての力を込めて童磨の首を狙う。

蟲の呼吸 蜈蚣の舞い“百足蛇腹”

床を踏み抜くほどの踏み込みで童磨の首を貫くのだった。



鬼滅の刃 142話の感想と考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

大きく2つあります。
1つは…童磨ヤバすぎです。
色んな鬼が登場する中で、人間であったことを強く感じさせる鬼も多くいました。
特に鬼として生まれるのではなく、人間から変貌した鬼は殊更そうでした。
ですが、童磨にはそれが全くなく、私としては童磨が1番、気持ち悪く感じました。
人間であったはずなのに、人間であった面影が一切感じられない。
何かが決定的に欠落しているのでしょうか。

もう1つは完全に私情(笑)
しのぶちゃん…死んじゃうのかな…
童磨も言ってましたけど、彼女の身体から出血量を考えると致死量な訳ですよ。
その上、肺、肋骨、鎖骨と斬られまくりです…どう考えて無理じゃない?
でも信じたい!!
不可思議な術で助かって欲しい。
やっとお姉さんの仇を討ってこれからなのに…。

それでは、次回でお会いしましょう!!

鬼滅の刃のネタバレ一覧

鬼滅の刃のネタバレをこちらにまとめてあります。
鬼滅の刃の最新話ネタバレ一覧!