呪術廻戦 43話 最新話のネタバレと感想!

2019年1月21日発売日の少年ジャンプ2019年8号の最新話!
呪術廻戦【第43話】を読んだのであらすじとネタバレをまとめました。
最後に感想と考察もあります。

呪術廻戦 42話のあらすじ

前回のあらすじはこちら↓↓↓
呪術廻戦 42話 最新話のネタバレと感想!禪院姉妹の戦いが始まる!果たして勝つのは真希か真依か!?



呪術廻戦 43話のネタバレ

禪院姉妹による悲しい戦いが終わる頃、別の場所では激しく戦いが繰り広げられていた。
組み合わせは東京校の伏黒 恵(ふしぐろ めぐみ)と京都校の加茂 憲紀(かも のりとし)だった。

弓使いの加茂は同時に3本の矢を放つ。
放たれた矢は真直ぐではなく、複雑な動きで離れた場所に居る伏黒へと向かう。
いっぺんに3本の矢を防ぐのは、至難の業であり、漏れが出る。
伏黒へと突き刺さる瞬間止まる。
防いだのは彼の式神、蝦蟇。

伏黒は矢尻に少量の血が付着していたことに気付く。
先ほどの物理法則を無視した軌道を術式によるものと理解する。

それは加茂も同じだった。
伏黒がもう一種式神を出せることに気付いていた。

伏黒は加茂の“赤血操術”を。
加茂は伏黒の“十種影法術”を。
お互いが、お互いの業をよく理解していた。

加茂は最後の一矢を天井へと向けて放ち、目くらましのために破壊する。
狙い通り、一瞬の隙に肉弾戦へと切り替える。
伏黒はトンファーで何とか受けるが、かなりの重さに腕が痺れる。
それは想像していなかった重さだった。
続く、打撃にトンファーを折られる伏黒。

彼は先ほどとはまるで別人な加茂に戸惑うが、彼の秘密に気付く。

そのカラクリは血にある。
“赤血操術”とは名前の通り血を操るものであり、身体に流れる血を操作することで身体能力をあげることもできる。
端的に言えば、ドーピングである。

その頃、真希に剣を奪われた三輪は、森でポツンと佇む。
そこへメカ丸からの着信が入る。
彼女が電話に出ると「眠れ」という音が聞こえると意識を失ってしまいリタイアとなる。

それは言霊を操る狗巻 棘の仕業だった。
彼は電話を切るとその場を後にしようとする。
しかし、その時森の奥から異様な気配を感じ臨戦態勢を取る。
そこに現れるは――

モニターを見ていた京都校の学長は、交流会が始まる前のことを思い出していた。
交流会のエリアには当初、2級呪霊を放つことになっていた。
しかし、そこに内緒で準1級呪霊を放った。
その呪霊は事前にとある笛で調教し、意のままに操れるようにした。
加茂に、それを使って虎杖を殺せと命じる。
今のままの流れからすれば、虎杖の死は確実に思えた。

場所は狗巻へと戻る。
森から現れるのは、学長の放った準1級呪霊。
だが木の横から顔出した呪霊は眼をぐりんと回し、首だけで地転がる。
そして更に背後から現れる特級呪霊だった。

予期せぬ戦闘が開始されようとしている頃、とある建物の屋根に二人の男がいた。
真人と花御らの侵入に交流会はどうなるのか――



呪術廻戦 43話の感想と考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

順当に戦いが進んでいたのに、一気に展開がカオスになってきましたね。
もう少し純粋に戦いという名の競い合いを見たかったです。
まあそれでこそ『呪術廻戦』という感じがしなくもないですけど…。
というか特級呪霊なんか出てきて、学生達だけで対処できるのでしょうか?
何人か集まれば可能かもしれませんが、狗巻一人では絶望的に思えます。
次回、交流会は継続できるのか!?
それでは、次回でお会いしましょう!!

呪術廻戦のネタバレ一覧

呪術廻戦のネタバレをこちらにまとめてあります。
呪術廻戦の最新話ネタバレ一覧!