ハイキュー!! 334話 最新話のネタバレと感想!

2019年1月21日発売日の少年ジャンプ2019年8号の最新話!
ハイキュー!!【第334話】を読んだのであらすじとネタバレをまとめました。
最後に感想と考察もあります。

ハイキュー!! 333話のあらすじ

前回のあらすじはこちら↓↓↓
ハイキュー!! 333話 最新話のネタバレと感想!第1セットを先取される梟谷!だが一球入魂という言葉が赤葦に自らのすべきことを思い出させる!



ハイキュー!! 334話のネタバレ

梟谷対狢坂の試合は2セット目に突入しゲームは進む。

赤葦は思考を続けていた。
得点が決まってからゲームが再開するまで僅か10秒。
その間に考えるべき事は勝負の行方でも、ミスを後悔することでもない。
相手の出方を予想し、自分がどう動くべきか考える。

狢坂のサーブが放たれる。
エース桐生に上げさせまいとワザと彼のエリアにボールを落とす。
これにより、桐生のスパイクはないと判断し、それ以外の選手が打つであろうコースに陣取る。

それは狢坂の選手のスパイクを乱す。
そこへエース木兎がきっちり決める。

22-23と梟谷がリードした。
会場の観客達は木兎のカリスマに魅了され、彼のサーブ時には“木兎コール”が巻き起こる。

ソレは普通に考えれば、稲荷崎が烏野にやったようにプレッシャーになる。
しかし、木兎にとっては違う。

木兎なら目を輝かせるだろう。
今のように――

「世界が!!俺に加勢している!!!」
ジャンプサーブが狢坂のコートを抉り、赤葦は乾いた笑いを出すしかなかった。

ここへ来て、梟谷のセットポイント。
これを取れば、2セット目を取るということ。

木兎は強烈なサーブを打つも、何とか拾う狢坂。
打つのはエース桐生。
だが、木兎という壁に阻まれる。

これにて2セット目を取った梟谷。
1対1で第3セットへ向かう。

そんな中、狢坂のエース桐生が浮かない顔をしていた。
ノリにノってきた木兎に仲間の選手が賞賛すると、桐生も“分かっている”と言う。

「怯えも焦りもなく、ただ自分の思うままに…“楽しい”こそ“最強”なんや」
桐生は木兎に恐怖を抱いていた。

そんなことを知らず、仲間は告げる。
「“楽しい”は練習次第で作れる!」
そしてそれらを自分たちはやってきたのだと言い切る。

それを見て桐生は“強い”と思う。
桐生には自分への自信というものがなく、寧ろ弱いと思っている。
だからこそ、仲間からの言葉に弱い自分がプレッシャーというものを感じていることに笑う。
仲間が信じてくれるなら、自分に自惚れてみよう。

一皮向けたエース桐生と覚醒した木兎の戦いが激化するのだった。



ハイキュー!! 334話を含む週刊少年ジャンプを無料で読む方法

今回のネタバレはどうでしたか?
やっぱり漫画は絵を見たい!というあなたには、週刊少年ジャンプが読めるFODがオススメです。

FODは1ヶ月の無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!
この機会にチェックしてみてください。

FODの無料お試し登録はこちら

無料期間中の解約で違約金は一切ありません

フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム】とは?




ハイキュー!! 334話の感想と考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

桐生の気持ち…なんとなく分かります。
なんとなくというか・・・痛いほど分かってしまう…。
私の場合、スポーツではないですが、いつも恐怖を感じてます

知っての通り、私は“記事”を書いています。
自分の記事を“上手い”と思ったことはなく、いつも他の人を見ては羨んでしまいます。
“もっと面白く書けたら”それがプレッシャーになるんですよね…。
だけど“負けたくない”という思いが指を動かします。
だからこれからも書き続けます!

って…何、恥ずかしい宣言してるのか(笑)
これもまた、勝手に指が動くのですよ!
それでは、次回でお会いしましょう!!

ハイキュー!!のネタバレ一覧

ハイキュー!!のネタバレをこちらにまとめてあります。
ハイキュー!!の最新話ネタバレ一覧!