ザ・ファブル 199話 最新話のネタバレと感想!

2019年1月21日発売日のヤングマガジン2019年8号の最新話!
ザ・ファブル【第199話】を読んだのであらすじとネタバレをまとめました。
最後に感想と考察もあります。

ザ・ファブル 198話のあらすじ

前回のあらすじはこちら↓↓↓
ザ・ファブル 198話 最新話のネタバレと感想!逃亡する山岡、追いかけるファブル!向かう先は工業地帯!?



ザ・ファブル 199話のネタバレ

ファブルとアザミの即席コンビが山岡を追跡している頃、倉庫では皆が彼らの帰りを待っていた。

幾分か時間が過ぎた頃、いつまで待っても帰ってこないことに焦れるユーカリ。
ユウコは誰よりも妹として兄であるファブルを信じており「すぐに帰ってくる」と告げる。
だが、ユーカリはそこまで信用していないかった。
もっとも、信じようが信じまいが、倉庫で待機する面々は待つことしかできなかった。

「アザミが佐藤を殺すかもよ?」
煽るようなことを言うユーカリにユウコは「ない」と断言する。

ユウコは徐に上着のポケットからナイフを取り出す。
その上着はアザミが1度確認しており、敵であるならナイフを見落とすはずも、故意に見逃すはずもない。
すなわち山岡側ではないという意味にユウコは感じた。

その頃、山岡の逃走劇も終わりを迎えようとしていた。
高温の排気音をあげる2台の車はデッドヒートを繰り広げる。

山岡を追うファブルは遂に勝負に出る。
ギアを一段あげ、速度をあげる。
右に左に素早く移動し、山岡の隙を探す。
前方を行く車は、前に出したくないのだろう。
必死に進路を塞いでくるが、ファブルの車は山岡の車よりも速い。
いつまでもカードすることは無理だった。

ファブルは山岡の一瞬の隙をつき、横に並ぶと、運転席目掛けて発砲する。
1発目でガラスにヒビを入れ、2発目で粉々に砕く。

山岡には反撃はできない。
何故なら彼の拳銃の弾の残数は1発しかない。
山岡は堪らず急激にハンドルをまわし、ファブルの射線をきる。
しかし、その先に道はなく、見えるのは暗い海へ続く堤防のみ。

それでも山岡は速度を落とさない。
逆に速度を上げてボラードに突っ込み、右前輪だけ乗り上げ海へとダイブした。
放物線を描きながら空を飛ぶ中、山岡は最後の1発が入った拳銃をファブルへと向けるのだった。



ザ・ファブル 199話の感想と考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

逃亡という悪あがきを続けた山岡ですが、最後まで諦め悪くぶれませんね。
海へダイブというのも狙った手段ぽいですし、その上に拳銃を向けます。
ですが、そこには1発しか入っておらず、ファブルとアザミ2人を倒すことはできません。
即ち山岡の敗北は決まっているわけです。

逃げるためではなく最後まで殺すために使われる拳銃……。
それは殺し屋組織の幹部というプライドが彼を突き動かすのでしょうか。
次回、放たれた銃弾の行方はどちらに!?
それでは、次回でお会いしましょう!!

ザ・ファブルのネタバレ一覧

ザ・ファブルのネタバレをこちらにまとめてあります。
ザ・ファブルの最新話ネタバレ一覧!