約束のネバーランド 119話 最新話のネタバレと感想!

2019年1月21日発売日の少年ジャンプ2019年8号の最新話!
約束のネバーランド【第119話】を読んだのであらすじとネタバレをまとめました。
最後に感想と考察もあります。

約束のネバーランド 118話のあらすじ

前回のあらすじはこちら↓↓↓
約束のネバーランド 118話 最新話のネタバレと感想!遂にミネルヴァと対面!!その正体がノーマン!?



約束のネバーランド 119話のネタバレ

ハヤトに連れられてやって来た1つの部屋。
そこではかつて喪ったはずの友が待っていた。

「ノーマン…なの…?」
エマが涙を浮かべながら恐る恐る訪ねると、彼は小さく首を縦に振る。

「エマ」
ノーマンがエマの名を告げた時、エマは堪えきれず、走り出した。

――何度となくノーマンが生きている世界を夢見た――
――何度となく後悔し、何度となく挫けそうになった――
――頑張ったよ…諦めないで頑張ってこれたよ…ノーマン――

エマの想いは涙となって彼女の頬を流れ、その量が、ノーマンに対する想いの強さを物語る。
エマは不安からノーマンへ質問攻めにする。

本当にノーマンなのか。
出荷されたはずなのにどうして。
何故生きてるのか。

それは仲間達も同じだった。
エマに連れられてノーマンと対面した仲間達。
会ったことがある者も、会ったことがない者も、皆が驚き戸惑い、そして再会を喜ぶ。
その中で、レイがノーマンへと歩を進める。

ノーマンと対面したレイは彼の頬を打つ。
対してノーマンは農園にいた頃と同じように「酷いなぁ」と笑いながら軽口を叩く。

「いいモノ見れただろ」
過去を思い起こさせる言葉にレイは溜まらず涙する。
「生きててよかった…!」
脱獄を最初に計画した3人で抱き合うのだった。

場が落ち着いた頃、ノーマンが徐に語り出す。
ノーマンは出荷された後、別の農園、Λ(ラダム)7214という食用児の実験場に送られた。
しかし、今は亡き支援者“スミー”の協力で脱出できた。
今いるアジトは彼から受け継いだ物。
そしてミネルヴァを名乗ったのは、エマ達と再び出会うため。
それ以外にも楽園の造成、鬼への宣戦布告と色々な面で都合がよかった。

そんなことを語ったノーマンに、レイ何かを感じ問いただす。
「お前は何をしようとしている?」

ノーマンはレイの質問に答える前にこれだけは伝えなければならなかった。
「鬼が何故人間を“食べなければならない”のか――」
物語の核心に触れる話が始まるのだった。



約束のネバーランド 119話の感想と考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

前回のネタバレで本人説の場合「首筋にあった数字が消えていることが疑問になる」と言いましたが、マンガを見て、開口一番にモロに数字あるじゃん!?ってなりましたよ(笑)
しかも、あの見せ方……マジで確信犯でしょ!!
なんかねぇ…まんまと罠に嵌まった気分です…ぐぬぬ。
ま、まぁ…わ、わ、わたひだって…ノ、ノーマンだと……おおおっ思ってたもんね!(笑)
今から枕に顔を沈めるので失礼します。
それでは、次回でお会いしましょう!!

約束のネバーランドのネタバレ一覧

約束のネバーランドのネタバレをこちらにまとめてあります。
約束のネバーランドの最新話ネタバレ一覧!