怨み屋本舗WORST 40話 最新話のネタバレと感想!

2019年1月16日発売日のグランドジャンプ2019年No.04号の最新話!
怨み屋本舗WORST【第40話】を読んだのであらすじとネタバレをまとめました。
最後に感想と考察もあります。

怨み屋本舗WORST 40話のネタバレ

集英大学
「心理学的に見て自己中心的な人は犯罪に走りやすい――」
有名な大学で1つの講義が行われていた。

講師は滝座間 瑠加(たきざま るか)という女性の教員。
彼女は本を出版し、テレビにも出る最近話題の人物。

その講義に怨み屋本舗の寄木桜花と獅堂詠示も出席していた。
勿論彼らは遊びに来ているわけではなく、一人の女子大学生を偵察に来ていた。

2日前
仲林という一人の男子学生から依頼がきた。
彼は180万円もの大金を“投資”に使ったようだ。

その経緯はこんなもの――

彼はある日、女子大学生からハート付きのメッセージを貰う。
ただそれだけで、自分に好意があると思った彼は、意気揚々とデートにでかけた。
彼はそこで投資の話を聞く。

「アプリ開発会社に投資すれば5倍になって返ってくる」

当初はうさん臭く懐疑的な思いを抱くが、女性の言葉と色仕掛けで呆気なく陥落。
それに彼女が10万円投資して50万円になって返ってきたという言葉も決めてだった。

試しに1万円投資したところ、1週間後に5万2千円になって返ってきた。
彼は“本物”だと思った。
また投資したいと思った彼だが、投資は締め切ったと言われてしまう。
そこを何とか頼み込んで1口150万円以上の投資なら可能という言葉を貰う。

そんな大金ないのだが、女性の彼を誘うような目と言葉に、消費者金融からお金を借りて計180万円も投資した。
だが、その後配当金の分配はなく、会社は倒産したと告げられる。
何とか直接連絡を取ろうとするが、それは女性から止められる。

ならばと、一緒に警察に相談しようと言う彼に対して、女性は投資したという証拠が何いから無理だと告げる。
女性の言葉で騙されたと気付く彼。

警察に言ったら、彼の女性に送った恥ずかしいメッセージを学校中にばら撒くと脅される。
そこで彼は怨み屋本舗に相談したのだった。

その女性が、桜花が見ていた女子大学生、真見菜々羽(まみ ななは)だった。

講義はあっという間に終わりの鐘がなる。
退室していく学生達だが、その時一人の男子学生が真見菜々羽の背後から近づく。
その手には刃物が握られていた。
男子学生は徐に彼女の背中を突き刺し、倒れこむ彼女の背中を何度も何度も滅多刺しにする。
教室に学生達の悲鳴が木霊する。

真見菜々羽を殺した男は、最後に自分の首筋に刃物をあて、自殺してしまう。
その光景を見ながら、講師、滝座間 瑠加がほくそ笑むのだった。



怨み屋本舗WORST 40話の感想と考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

大学を1つの実験場とし、学生をモルモットとして扱う講師による事件が幕を開けました。
しかし、仲林くんが怨みを晴らしたいと思った相手は即行で退場してしまいましたね(笑)
まあ彼女には当然関係者がいるので、お金は取り返すでしょうけど、彼の気は晴れるのでしょうか?
というかチョロすぎだろ…仲林くん!
次回は、講師に焦点をあてた話になるでしょう。
それでは、次回でお会いしましょう!!

怨み屋本舗WORSTのネタバレ一覧

怨み屋本舗WORSTのネタバレをこちらにまとめてあります。
怨み屋本舗WORSTの最新話ネタバレ一覧!