ムルシエラゴ 99話 最新話のネタバレと感想!

2019年1月18日発売日のヤングガンガン2019年No.03号の最新話!
ムルシエラゴ【第99話】を読んだのであらすじとネタバレをまとめました。
最後に感想と考察もあります。

ムルシエラゴ 98話のあらすじ

前回のあらすじはこちら↓↓↓
ムルシエラゴ 98話 最新話のネタバレと感想!【禁じられた遊び】



ムルシエラゴ 99話のネタバレ

下水道で起こる怪事件をゴールドマリーこと小金井吉乃の死で解決した黒湖。
彼女に新たな敵が現れようとしていた。

とある日のこと
テレビのニュースで流々家町に有名なサーカス団がやってきたと報道される。
そのサーカス団は5年ぶりに復活したバグシャースサーカス団だった。
それを知ったひな子は、黒湖を意味ありげな表情で見やるのだった。

その日の夜
町の住民である若い3人の男が空に浮かぶアドバルーンに気付く。
何気なしにその場に行ってみることにする。
アドバルーン目指して路地を抜けると、そこは広場になっており、かなりの人数が集まっていた。
彼らの到着と同時に何処からか笑い声が木霊する。

「レディース&ジェントルマン!イッツショータイム!!」
一人ではなく大勢の声がショーの開始を告げる。
同時にライトが点き、クラッカーが鳴る。

映し出された光景は、多くの人が不気味な笑みで四肢を固定しアドバルーンを結ぶ「人間紐」と化していた。

翌朝
警察庁のとある部屋で昨日の事件を捜査していた。
そんな中、刑事、笠木三郎太は現場を見てもいないのに「笑っていた」というだけで事件の詳細を話、間違っていないかと確認する。
彼は事件の犯人を知っていた。
その者は10年ぶりに帰ってきた“喜劇作家(コメディーライター)”。

更に翌日。
黒湖はひな子とともにサーカスへやって来た。
そこには恋人、柳岡千代の姿もあった。
普通、有名サーカス団のチケットはそう易々と手に入れれない。
だが、それも「柳岡会」の力を持ってすれば容易いことだった。

彼女達は早速サーカスの天幕を潜る。
公演の開始とともに魅惑の世界へと変貌する。

どこからか巨大な像が何頭も登場し、アラビアン的な衣装に身を包む劇団員達のパレード。
続くは巧みなナイフ捌きで人の身体から1ミリ以下の位置に投げるナイフ使い。
その後も壁走りするライダーや空中ブランコが場を盛り上げる。
ショーはあっという間に終わりを迎えた。

黒湖達は帰り際にどのパフォーマーが一番気になったか話す。
黒湖が気になったのはナイフ使いだった。
彼の腕は彼女をもってしても「大したものだ」と言わせるほど。
それは実力にせよ、マグレにせよ“マトモ”とは言えない。

そして事件は起こる。
公演を終えたサーカス団の食堂でナイフ使いが仲間である団員にナイフを投げつける。
それは的確に瞳を貫くのだった。



ムルシエラゴ 99話の感想と考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

1つの事件が解決したと思ったら、すぐに事件が起こるのですね。
まあ類は友を呼ぶと言いますからね…。
きっと大量殺人者の黒湖が、同じ大量殺人者を呼び寄せるのでしょうか?
あっあとレズも…(笑)

まあ冗談はこのぐらいにしておいて、新章開始早々にバイオレンスな展開でワクワクしますね。
そして新たな敵だろう“喜劇作家”ですが、多分すぐに登場してくれると思います。
黒湖との邂逅が楽しみですね。

というか…死人がバンバン出て、グロい描写も多いのにワクワクとかヤバイですよね?
いつかサイコパス度が突き抜けそう……。
それでは、次回でお会いしましょう!!

ムルシエラゴのネタバレ一覧

ムルシエラゴのネタバレをこちらにまとめてあります。
ムルシエラゴの最新話ネタバレ一覧!