コウノドリ 271話 最新話のネタバレと感想!

2019年1月17日発売日のモーニング2019年7号の最新話!
コウノドリ【第271話】を読んだのであらすじとネタバレをまとめました。
最後に感想と考察もあります。

コウノドリ 270話のあらすじ

前回のあらすじはこちら↓↓↓
コウノドリ 270話 最新話のネタバレと感想!産科医ゴローへクレームが舞い込む!相対する医者と患者…彼らは何を話す!?



コウノドリ 271話のネタバレ

クレーム解決のために、医療安全管理者の磯野エイキチは丸山夫妻との対話の席を設ける。
そして今対話が始まる。

丸山夫妻の夫は今回の経緯を説明する。
当初、彼の妻は診察時に女医である倉崎医師を氏名していた。
だが、診察したのは面識のない赤西医師だった。
それに対して、内気な妻は何も言えずに診察となり、突然流産を告げられた。
その後手術や採血の話を切り出され、サラっと診察は終わった。

それが丸山夫妻の感じたことであり、ゴローは反論しようとするが、サクラがそれをとめる。

丸山夫妻の話はまだ続く。
如何に自分達が生まれ来る赤ん坊のことを楽しみにしてきたのか。
更に流産のショックで体調を崩した妻の現状。
その全ての理由が「面識のない男性に突然、お腹の赤ちゃんが亡くなっていると言われた
ことだと言う。

丸山夫妻の話が終わったタイミングで、徐にサクラが話だす。
大前提として、自分達が勤める産科は通常の産婦人科とは異なり、緊急搬送も受け入れている。
そのため、患者の希望に添えないことがあることを告げる。
ただし、その場合は診察前に伝えて了承を得る。
それができなかったのはミスだと認める。

これは医者がどうだ、診察がどうだ、という話ではなく、病院としてのあり方であって、それ踏まえると丸山夫妻の希望する、診察代の返金など全てに応じることはできない可能性があると磯野エイキチは話す。
その後の対応について軽く話し、今回の対話はお開きとなる。

去っていく丸山夫妻にゴローは自らの配慮が足りなかったことをお詫びした。
丸山夫妻は何も答えず去っていくが、来院したときに比べると若干だが、落ち着いたように見えた。

サクラは去っていく彼らを背中を見ながらゴローをフォローする。
「彼らはミスだなんだと言っていたが、本当はそういうコトではなくて、ただ流産の事実が受け入れられなかったのかもしれない」
それがサクラの見解だった。

1件のクレームを解決へと導いた翌日。
出勤した磯野エイキチのデスクには多くのクレームや、それに繋がるような事案の報告書がもたらされる。
彼の仕事はその1つ1つを丁寧に解決していくこと。

昨日と同じく早速、各病棟に出掛けていく。
その道中、ふと救命救急に立ち寄る。
扉から中を覗く彼は無言だった。

実は彼は、3年前までは救命にて看護師をしていたのだった。



コウノドリ 271話の感想と考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

そんなこんなで解決…解決??
なのか、分かりませんが、ゴローのクレームは終わりを迎えました。
正直言いますと、私はひねくれた性格をしていますので、どうにもサクラ達の言い分を感覚というか頭では分かっていても、理解できないんですよね。

別に丸山夫妻の肩を持つつもりも無ければ、サクラ達が悪いとも思っていません。
それでも…うーん…モヤモヤが胸一杯に広がる…!
モヤモヤ……。

それでは、次回でお会いしましょう!!

コウノドリのネタバレ一覧

コウノドリのネタバレをこちらにまとめてあります。
コウノドリの最新話ネタバレ一覧!