君は008 44話 最新話のネタバレと感想!

2019年1月16日発売日の少年サンデー2019年7号の最新話!
君は008【第44話】を読んだのであらすじとネタバレをまとめました。
最後に感想と考察もあります。

君は008 43話のあらすじ

前回のあらすじはこちら↓↓↓
君は008 43話 最新話のネタバレと感想!ヤッテネェ怪人から父のことを聞くエイト!信じていた父の本当の素顔とは!?



君は008 44話のネタバレ

地下にあるエージェントの墓として利用される部屋の更に地下へ連れて来られたエイト。
そこで彼は伝説の怪人から自分の父が“史上最悪の諜報員”だと告げられた。

エイトは思っても見なかった言葉に驚きを露にする。
同時に怪人の言葉に怒りを覚える。

怪人はエイトの顔を見て、彼の父、明石閑真との過去を思い出す。

明石閑真はこの世のあらゆる不条理に対して真っ向から立ち向かおうとした。
いつかの任務の時もそうだった。
海上に浮かぶ巨大な敵対組織のアジトを破壊するという任務を受けた。
それは一般人の犠牲も許されるほどの過酷な任務だった。

後2分後には木っ端微塵になるほどの大爆発が起きるという状況で、怪人は明石閑真に脱出を促す。
だが彼はそれを是としない。
彼は自らが脱出するよりも罪のない作業員の救出を優先した。

結局、爆発は起こり辺り一面に閃光と暴風が吹き荒れる。
その時怪人は、何かの接近を感じる。
それは巨大なジェット機であり、明石閑真が乗っていた。
また彼以外の多くの者も同乗しており、敵の構成員すらいた。

そう、彼は一般人のみならず、敵すらも助ける“正義の諜報員”だった。

現実においてヒーローなど存在しない。
その上、エージェントという本質は裏切り、陰謀を企て、非道な行いをする者。
しかし、明石閑真だけは違う。
彼は、十数年間エージェントであり、ヒーローでもある生き方を貫いた。

彼の行動は仲間達に大きな希望という名の光を与えた。
だが、彼は死んでしまった。
そのことに多くの仲間が落胆した。
だからこそ怪人は“史上最悪の諜報員”と評した。

「何よりも生き残る事」
エイトは怪人から父の生き様とエージェントの生き様を学ぶ。

その時、怪人がまたも苦しみ出す。
「オレハヤッテネェェ!」
言葉すらカタコトの怪人はエイトに逃げろと言うが、時既に遅い。

怪人の手には、突如出現した一振りの黒く輝く剣が握られているのだった。



君は008 44話の感想と考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

私は前回の記事でエイトの父を騙る偽者がおり、その者が何かしたのか、その存在ゆえか分かりませんが、怪人が牢屋にいる原因だと愚考しました。
完全に外れましたね…(笑)
もっとも、死の真相はやはり明かされず、明石閑真の死には重大な何かが隠されているのでしょう。
私としては、死んでいるのかどうかも怪しいと思いますが、どうでしょうか。
偽者がいるという芽はまだ残されている!!(笑)

そして、怪人についてですが、彼の変貌には「漆黒の剣」が関係しているようです。
これ見よがしに登場した剣ですが、見た目としては中世の聖騎士が使いそうな十字架を象った感じです。
そこに黒という配色で堕天使を連想してしまいます。

え?何言ってるか分からない!?
あ~気にしないでください…病気ですので!
というか皆もそうでしょ!?そうだよね!!?そうに決まってる!!!

中…ニ…っと色々恥ずかしい暴露をしそうになるので、終わりましょう。
それでは、次回でお会いしましょう!!

君は008のネタバレ一覧

君は008のネタバレをこちらにまとめてあります。
君は008の最新話ネタバレ一覧!