双亡亭壊すべし 132話 最新話のネタバレと感想!

2019年1月16日発売日の少年サンデー2019年7号の最新話!
双亡亭壊すべし【第132話】を読んだのであらすじとネタバレをまとめました。
最後に感想と考察もあります。

双亡亭壊すべし 131話のあらすじ

前回のあらすじはこちら↓↓↓
双亡亭壊すべし 131話 最新話のネタバレと感想!双亡亭の主、酒巻泥努!彼の次なる獲物は紅!?



双亡亭壊すべし 132話のネタバレ

紅は双亡亭の主、酒巻泥土に屋敷へと連れ去られた。
そこで最後の絵のモデルとなるが、虎視眈々と必殺の時を待っていた。
泥土を討てるだろう技、奥伝“花の輪”を撃つために時間稼ぎをするのだった。

彼女は彼女だけが知る過去を話す。
それは泥土の姉、しのぶの話だ。

彼は幼い頃、精神を病んでいる姉を元気付けようと絵を描き続けた。
何枚も何枚も、それこそ一生懸命に描いた。
それでも姉はそれを手に取ることもなく虚ろな瞳で見て「じょうず」だと言うだけだった。
彼女の1番の絵は月橋詠座が描く「あったっかくなる絵」であり、泥土の物とは違う。
それ知った幼い泥土は絵の価値観が変わる。
「じょうずな絵」ではなく「あったかくなる絵」を求めた。

しかし、今の泥土はそのことを認めない。
姉が言った価値観など、所詮は気の狂った戯言だと断ずる。

彼の言うように確かに姉、しのぶは病んでいただろう。
それでも最期の夜だけは違った。

弟に自らの裸体を描かせ、自分を殺せと言った姉。
あの時だけは正気だった。
もっとも、姉を手にかけるという行為が弟にどれほどの傷をつけるか想像するほどの余裕はなかった。

紅の言葉に立ち上がる泥土。
彼の奥底に封じ込めていた想いに土足で踏み込んだ紅に殺意を向ける。

死と隣り合わせの紅は尚も語る。
泥土の姉は最期に弟へ「絵、もっと、もっと、もっと、じょうずになって」と告げた。
それは泥土の疑問として心に突き刺さった。
何故最期までその言葉を言ったのか。
何故自分の絵を「あったかい」と言ってくれなかったのか。

それは泥土が絵を描く理由が、純粋な思いからではなく、姉の言葉が目的となっていたからだ。
姉は寿命が近づく中で、以前言ったように最高の褒め言葉を贈ってしまうと、弟は二度と絵を描かないかもしれないと感じた。
だからこそ、弟に最期まで絵を描き続けることを願った。

「絵が好きだったから」
それは期せずして漏れた本音だった。

その時“花の輪”を撃つ準備が出来上がる。
泥土の隙をついて二刀の短剣を構える紅だが、技を放つことはできなかった。

姉の真意を聞いた泥土が力なく呆けており、何故か撃てない。
泥土は姉の紅の言葉を呟きつつ、彼女に名前を尋ねるのだった。



双亡亭壊すべし 132話の感想と考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

うーん…何故か予期せぬ方向に話が向かっていますね。
時間稼ぎのはずが、何故か絆が出来つつあるようにも感じられます。
ただ、『双亡亭壊すべし』にとってラスボスの位置にいる酒巻泥土の心情が描かれるのは良いですよね。
多くのマンガやアニメでも言えますが、やっぱり敵対キャラのバックボーンも見たいですよね。
それがキャラ愛に繋がると私は思います。
まあ、それでも私は泥土を理解はしても好きになれませんけどね(笑)

次回はこのまま和解方向に進むのか、頑なに認めない泥土がキレるのか…はたまた――!?
それでは、次回でお会いしましょう!!

双亡亭壊すべしのネタバレ一覧

双亡亭壊すべしのネタバレ一覧をこちらにまとめてあります。
双亡亭壊すべしの最新話ネタバレ一覧!