双亡亭壊すべし 131話 最新話のネタバレと感想!

2019年1月9日発売日の少年サンデー2019年6号の最新話!
双亡亭壊すべし【第131話】を読んだのであらすじとネタバレをまとめました。
最後に感想と考察もあります。

双亡亭壊すべし 130話のあらすじ

前回のあらすじはこちら↓↓↓
双亡亭壊すべし 130話 最新話のネタバレと感想!兄と妹へ念願の再会が訪れる!そして動き出す館の主の思惑とは!?



双亡亭壊すべし 131話のネタバレ

双亡亭の主、酒巻泥努。
彼は、85年以上前にこの双亡亭を建てた本人であり、にもかかわらず、年もとらない。
元々は肖像画であるが、その絵は人を取り込み侵略者と入れ替わらせるという凶悪な物。
そして戦闘力も帰黒以上であり、正に完璧な存在だった。

紅は連れられるがまま、とある部屋にやってきた。
そこには以前倒したはずの「しの」が待ち構えていた。
それ以外にも「鬼離田 菊代」など多くの侵略者に乗っ取られた者をおり、紅はやはり自分を殺すために連れて来たのか問う。

酒巻からの返答はない、代わりに侵略者達が自分達が殺すのだと声高らかに言う。

徐に酒巻が呟く。
「煩いな。」
侵略者達に向かって言葉が発せられた途端、酒巻の雰囲気が変わる。
紅をモデルに絵を描こうとしているのに、その時間を奪うのかと狂気を感じさせる顔で言う。

侵略者達は一様に震え出し、顔から大量の汗を流す。
自らの飼い主たる酒巻に、必死のようです、謝るのだった。

紅は非道の限りを尽くす侵略者達が、尋常じゃないほどに怯えていることを見て、呆気に取られる。

紅と酒巻の二人だけになった部屋。
描かれるつもりのない紅が酒巻へ様々なことを話しかけるが、当の本人である酒巻は一向に応答せず、黙々と絵を描く準備をする。

仕方なしに酒巻の指示に従う紅だが、そこには1つの狙いがあった。
彼女はモデルのポーズを取りながらも、呼吸を整え、臍下丹田に「気」を巡らせ、霊力という力を練り上げていた。
酒巻を倒せるほどの必殺の一撃を放つ為に。

紅は「刀巫覡」と呼ばれる巫女であり、その者達は剣に気を込め、人ならざる者を討つことができる。
その技を「撃剣」と呼ぶ。
だが、紅のように力ある巫覡は、更に強力な技を持つ。
それこそが、二雷流短刀術、奥伝「花の輪」
その技であれば双亡亭の主ですら倒せるかもしれない。

膨大な気を練り上げる紅は、時間稼ぎのために酒巻へ語りかける。
普通の話題では、何の反応も示さないことを知っている彼女は、酒巻の過去について問う。
「なんでも分かるお前でも、1つだけ、姉の言葉を間違って受け取っている」
紅の言った言葉が酒巻の注意を引くのだった。



双亡亭壊すべし 131話の感想と考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

スタイル抜群で綺麗な紅をモデルにするとは、双亡亭の主、侮りがたし!
と、言ったところでしょうか(笑)

紅はどうやら、ここで酒巻を倒すつもりのようです。
確かに「花の輪」は、一定の威力を有しているようですが、それで果たして倒せるでしょうか。
今まで数々の場面で、酒巻の人を超越した強さを見せ付けられ、その上不老不死の可能性もあります。
ゲームというと無理ゲーって感じじゃないですか?絶対光の玉が必要です!

次回、酒巻の姉の言葉が攻略の鍵となる!?
それでは、次回でお会いしましょう!

双亡亭壊すべしのネタバレ一覧

双亡亭壊すべしのネタバレ一覧をこちらにまとめてあります。
双亡亭壊すべしの最新話ネタバレ一覧!