君は008 43話 最新話のネタバレと感想!

2019年1月9日発売日の少年サンデー2019年6号の最新話!
君は008【第43話】を読んだのであらすじとネタバレをまとめました。
最後に感想と考察もあります。

君は008 42話のあらすじ

前回のあらすじはこちら↓↓↓
君は008 42話 最新話のネタバレと感想!伝説の怪人



君は008 43話のネタバレ

ある日、エイトは掃除の時間でもないのに、地下の大部屋へと向かっていた。
その部屋はエージェントの墓場であり、亡くなったエージェントのネクタイが額縁に入れられ飾られていた。
エイトはその中から、父のネクタイを見つけ、父へと話しかけるようにネクタイに語りかける。
だが、その時、耳に「やってねぇ」という言葉が届く。
それはこの部屋に出ると噂される怪人の声であり、徐々に近づく声は、いつの間にか背後から聞こえていた。

そこに居たのは無造作に伸びた長い髪と髭を携え、全身を筋肉の鎧で覆う、大柄な男だった。

エイトが振り返ると、そこに居たのはずの男が消えていた。
しかし、代わり隠し扉を発見する。
以前、掃除しにきたときには無かったはずの隠し扉に近づくと、突然、猛烈な力で中へ引っ張られ意識を失ってしまう。
起きると、そこは見慣れない牢屋であり、怪人もいた。

怪人はエイトが目を覚ましたと知ると何処に隠していたのかは分からないが、コーヒーを入れる器具を取り出す。
更にティータイムに相応しいテーブルとイスを用意し、無理やりエイトを座らせ雑談と洒落混む。

色々と無茶苦茶な怪人にエイトは正体は校長なんじゃないかと告げる。

それを聞いた怪人は怒り「俺をあんな奴と一緒にするなぁ!」と怒声をあげる。

尋常じゃない迫力に反射的に謝るエイトは怪人に「悪人」と言ってしまう。
それは明らかな失言であり、強烈な掌打が飛んで来る。
殺されると思ったエイトは逃げようとするが、怪人の様子がおかしいことに気づく。

何やら小刻みに震えながら咳をする怪人。
どこか発作にも見える。

エイトはそんな怪人に水を飲まし、落ち着かせる。
「008号の息子らしい」
怪人が言ったコードネームは父のことであり、動揺するエイトは父について何か知っているなら教えてほしいと頼み込む。

「お前の親父は…史上最悪のエージェントだった!!」

怪人の予想外の言葉に呆気に取られるエイトだった。



君は008 43話の感想と考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

遂に怪人の素顔が見れましたね。
「俺はやってねぇ」
という言葉から推測すると、怪人は牢屋に住んでいるのではなく、拘束されていた考えられます。
更に無実を訴えていることから、冤罪の可能性もあります。
そこに史上最悪という言葉が出ると、エイトの父が関与しているかもしれません。
ただし、エイトの父がそんなことをするとは思えません。
ですから、私はエイトの父を騙る偽物が居て、そいつが史上最悪と呼ばれるような行動をしたのではないかと感じました。
それでは、次回でお会いしましょう!

君は008のネタバレ一覧

君は008のネタバレをこちらにまとめてあります。
君は008の最新話ネタバレ一覧!