AKECHI 15話 最新話のネタバレと感想!

2019年1月10日発売日のヤングジャンプ2019年6・7号の最新話!
AKECHI【第15話】を読んだのであらすじとネタバレをまとめました。
最後に感想と考察もあります。

AKECHI 14話のあらすじ

前回のあらすじはこちら↓↓↓
AKECHI 14話 最新話のネタバレと感想!不愉快な大学生



AKECHI 15話のネタバレ

明智は立ち上がり帰ろうとする蕗谷に負けだと言い、再度犯人はあなただと告げる。
対して蕗谷はありえないと答える。

その理由は以下のもの。
先ほどのゲームは事件に関連する単語に対しての返答時間を見るものであり、自分は全ての単語に対して遅れずに回答した。
それは犯人ではないからだと自信満々に言いきる蕗谷。

明智が言う理由らんなことではない。
寧ろ普通の人間ならば、例え関係なくとも身近で起こった事件について聞かれれば、動揺ぐらいはするはずなのに蕗谷はしなかった。
それは最初からこのゲームを攻略しようとしていたからであり、だからこそ、罠をしかけていた。

罠とは、「屏風」という単語。
蕗谷はこれに「六歌仙
と答えた。
六歌仙とは古今和歌集に記載された6人の歌人のこと指し、かなり限定的である。
明智はそれを斎藤家にあった屏風のことかと問う。
更に絵のことはテレビでも報道されていないのに何故知っているのかと尋ねる。

蕗谷は下卑た笑みを向ける。
「その屏風は斎藤家にお邪魔したときに見ているんですよ

その言葉通り、確かに蕗谷は1カ月前に斎藤家を訪れていると証言する刑事、笠森。

だが、明智はこの言葉を待っていた。
「お終いです

そう短く言った彼は、蕗谷にたった今、自供したと言う。

あの屏風は飼っている猫のしたおしっこのシミを隠すために、事件の2日前に斎藤里枝本人が購入した物だった。
故に1カ月前に訪れた蕗谷が見れる筈がない。

あの屏風をいつ見たのかと問う明智に蕗谷は答えれない。
それはそうだろう。
あの屏風が見れるのは斎藤里枝が殺害された時に現場に居た人物だけであり、すなわちそれは犯人である。

今までの会話は全て録音されており、最早言い逃れはできない。
諦めきれない蕗谷は、如何に自分が素晴らしい人間であり、如何に人類に貢献できるかを声高らかに説明する。

しかし、そんなことは斎藤里枝を殺害した理由にはならない。
人が人を殺すという行為は罪深く愚かな行為である。
人類を救うという立派なことをする前に、せめて人間になったらどうだと切って捨てる明智だった。



AKECHI 15話の感想と考察

銀桜(ginsakura)銀桜(ginsakura)

無事に事件を解決へと導いた明智でしたが、骨董品屋に行ったことが決めてになるとは思っていませんでした。

ですが、私にも1つ分かったことがあります。
ゲームを立った蕗谷に「負けだ」と告げたことはブラフであり、同時に蕗谷のプライドを逆撫でする。
プライド高い蕗谷を煽り、六歌仙の屏風という言葉を出し意識させる所までが下地であり、その上で、「何処で見た」と問うことで、蕗谷に決定的な言葉を吐き出させたのでしょう。

頭良すぎじゃないですか?…ちょっとだけでいいので、私にその頭脳を下さい。
それでは、次回でまたお会いしましょう。

AKECHIのネタバレ一覧

AKECHIのネタバレ一覧をこちらにまとめてあります。
AKECHIの最新話ネタバレ一覧!