『君は008』41話 最新話のネタバレと感想!

前回のあらすじ

諜報員養成学校に通うエイト達は名乗らん君の衝撃の事実を知る。

彼は遺伝子操作されて産まれた人間“generich”(ジーンリッチ)と呼ばれる存在だった。

育ての親から便宜上の名前は貰ったが、言いたくないと頑なな名乗らん君へ、エイトは模擬戦で勝ったら教えろと食い下がる。

しかし、彼らの実力の差は圧倒的で、少し特訓した程度のエイトでは歯が立たない。

何度倒されようとも立ち上がるエイトを目に名乗らん君はいつかの女性を思い出す。

 

『君は008』41話のネタバレ

名乗らん君の脳裏に浮かぶ幼い頃。

とある研究所で産まれた彼は、ある女性と出会う。

彼女は身の回りの世話するために来たという。そして彼の友達だと言う。

「友達」という言葉を聞いたことがない幼い彼に番号を名前として呼ぶことを止め、名前で呼ぼうと言った。

「友達は名前で呼び合うものよ。だから私が名前を付けてあげる」

 

またも向かってくるエイトへと模造剣を振るう名乗らん君。

先程までは避けれなかった斬撃を避けるエイト。

エイトはこの模擬戦の最中にも、驚異的な速度で腕を上げ、遂に名乗らん君の隙をつくことに成功する。

だがまだ遠い。名乗らん君の肘うちがエイトの腹部へと吸い込まれるように決まり、あまりの威力に気絶してしまうエイト。

最後に手加減抜きの体術を使われた名乗らん君はその場を後にする。

 

名乗らん君の幼き頃、まだ研究所で過ごしていた頃から彼は戦闘訓練を半ば強要されていた。

ある日、何を思ったか彼は戦闘訓練の相手、機械人形に可哀想だと手加減を加えてしまう。

その変貌振りに職員は驚き、彼を問い詰めた。

「ED209、一体どうしたというのだ!あれほど成績のよかったお前が!何故返事をしないED209!」

「ボクにはちゃんとした名前があるんだ!そう、ボクの名前は…」

職員は理解してしまう。幼き彼の変貌、職員にとっては悪影響なソレを与えた人物の元へと向かう。

何をするのか理解した彼は、必死に懇願した。

「名前なんて嘘だ!あの女(ひと)を…あの女外さないで!お願いだあああ!!」

その日より彼の名前は彼女とだけの秘密になった。

 

屋上で佇む名乗らん君の元へとエイトが訪れる。

「驚いた。もう歩けるのかい?」

この学園の医療技術で回復したエイトは、未だ諦めず、再度名前をかけた勝負を挑もうとする。

流石のしつこさに辟易した様子で「君は変だ」と告げる。

対してエイトは友達同士なのに名前も知らないほうが変と言うが、そもそもの話、名乗らん君自身はエイトと友達になった覚えなどない。

「いつから友達になったんだ!」

「そんなの…初めて会った時からに決まってるじゃないか」

初対面の時確かにエイトは名乗らん君に自らの名前を伝えていた。

 

唐突にコインを投げ、手の甲で受ける名乗らん君。

「じゃあ、もういいからコインで決めよう。裏か表か?」

急展開だが、嬉しそうなエイト。

裏を選ぶエイトに焦りを見せる名乗らん君。これはと思い笑うエイトはコインを隠す手を退ける。

結果は表。

ショックで気絶してしまうエイトを運んだ名乗らん君。

 

その日の夜、寝付けない名乗らん君はベットから、それこそスパイのように抜け出す。

二段ベットの下で眠るエイトの耳元へと顔近づける。

「アスヤ。それが僕の名前だ」

心の奥底にしまった名前を彼はそっと伝えた。

 

『君は008』41話の感想と考察

ちょっとエイトって怖いですよね。読んでて本当に笑えました。

現実に初めてあって自己紹介して、それで友達だと付きまとわられたら、それはホラー映画です。

でも漫画だし許せるかな。

それに作者、松江名俊さんの作品はそういうきらいが結構多いですしね。

とは言いつつも、こういうシンプルな少年少女たちの熱い友情物語って、何時の時代でも受け入れられると思うのです。

スパイのイメージとしてはどうかと思いますが、ダークな設定でも明るい漫画にしてしまう松江名俊さんに次回話も期待しております。

 

君は008のネタバレ一覧

君は008のネタバレをこちらにまとめてあります。
君は008の最新話ネタバレ一覧!