Dr.STONE 85話 ネタバレと感想『Z=85 資源の王様』

Dr.STONE 85話 ネタバレと感想

 

前回、遠洋に向けた船の造船を始めた千空一行が次に狙うのは、航海技術を持つ船長だった。

司がいなくなりショックでいじけていた「記者」だが、千空の文字通り「記者」としての仕事という言葉によって立ち上がる。

「誰が欲しいの?お望みの子を見つけてあげる・・・!」

 

千空が望むは、文明の廃れた世界でも、地球の裏側まで辿り着ける

「航海力100億の神腕船長が欲しい!!!」

 

しかし、実際のところ造船中の船は帆を使った、所謂帆船であり、そんな船を操縦できる現代人がいるのか?とニッキーは疑問を提起する。

記者は、当然、トレーニング用は精々であり、普段で操縦は・・・といいかけ、気になる言葉を発する。

「龍す・・・」

もっとも、その言葉はすぐに打ち切られた。

一行が向かった先は未来の船乗り達が眠る海洋学園。そこの教員ならば、帆船といえど少しは操縦できるかもしれない。

ならばと、土に埋まっている石像を大樹やコハクといった脳筋集団が掘り進める。

当然千空は戦力外だ。

 

掘り出した石像全員を復活液で起こせればいいが、それには量が足りない。

そんな中記者は、先程言いかけたであろう「龍水」を見つけた。

色々と問題ある人物なのであろう慌てる記者をよそに、千空の一言「腕は立つ、だろ」

タジタジの記者はその人物の自己紹介を始める。

七海龍水。七海学園のオーナーである七海財閥、総資産200兆円の道楽息子。帆船好きがあまってマイ帆船を造り、自身で操縦しており腕はめちゃくちゃ良いが、性格はやばい。

熱く語る記者を無視して、さっさと復活液をかける千空。

 

「はっはー!戻ったぜ、ついに!世界は再び俺の物だ!!」

復活を果たした龍水は全裸で声高らかに叫ぶが、一同ドン引きである。

流水は周囲に視線を向け、ここが荒廃したストーンワールドだと認識する。

同時に自身が持つ権力や資産を失った事も悟るが、寧ろピンチはチャンスとばかりに全てを手に入れれると笑う。

その衣装はさもあらん、海賊船長を模した唾の長いハットと一張羅。

 

千空は建造中の船へと案内する。

その光景を観て関心する龍水だが、ここで特殊能力発動。

すぐに「建造を止めて、船を守れ」気温や湿度の変化から、大きな嵐がくると予想。

大粒の雨に濡れる大木を「航海には到底耐えれない、貧弱な木だ」と見抜く。

更に千空のことを理解し、逆に「高品質な燃料がいる」と投げかける。

惚ける千空に「分かっているだろう、俺の欲しいものが」とニヒルな笑みを浮かべた。

 

そう千空は次なるビジョンを思い浮かべていた。

「資源の王様、原油を掘り出す」

発狂するゲンをよそに意気揚々とクロムが発掘に乗り出すのであった。

 

感想と考察

 

85話でまたまた新キャラクター七海龍水が登場しました。

龍水は金持ちなボンボンには似つかわしくないハングリー精神を持っているように感じました。

 

現在の章である大航海時代では、かなり重要な立ち位置にいるキャラクターであり、これから多くの話数に登場すると思います。

 

そして忘れてはならない、海上を行く上で必要不可欠な船です。

84話では帆船の設計図を公開した千空でしたが、実は帆と動力を併せ持つ機帆船を考えていたようでした。

だから龍水に言われた際にすっとぼけたのでしょう。

機帆船と呼ばれる船は、実は日本にもありまして、有名なのだと横浜で公開されている日本丸でしょう。

もしかしたら千空の考える完成型は日本丸に酷似しているかもしれませんね。

 

次週以降で、動力をどういった機構で再現し、また燃料となる原油、すなわち油田の発掘方法など問題は山積みである

きっと千空は私たちには思いもよらぬ方法で解決してくれることでしょう。